鍋綿ブログ

C#・SharePoint・SharePoint Framework・Office365を中心に扱うブログです。

TypeScript

SharePoint Frameworkで開発したパッケージをes6対応する方法

SPFx バージョン1.8は既定でes5でコンパイルされるよう設定されています。これはjsファイル圧縮用ライブラリのUglifyJSがes6に対応していないためと思われます。手入れをすればうまく動かせたので備忘としてまとめておきます。

SharePoint FrameworkでWebパーツ同士を接続する方法 ~ 動的データ編 ~

以前弊ブログでグローバル変数を利用したWebパーツ接続の方法を紹介しましたが、SPFx v1.8 で動的データが一般提供となったため現在はこちらの利用が推奨となります。当記事では、できるだけシンプルに動的データ接続のやり方をご紹介します。

SharePointのWebパーツ一覧

React + Firebaseを試しがてら何か役に立つものを作りたいなーと考え、SharePoint Onlineモダン機能で利用できるWebパーツの一覧を作りました。モダンWebパーツの種類も増えてきてそろそろ整理が必要だったのでちょうど良かったです。 クラシック機能はカバ…

【初心者向け】はじめてのFirebasa+React+TypeScriptなWebアプリ デプロイ手順

Reactで作ったWebアプリをFirebaseでホストしようとしたところ、公式ドキュメントどおりにいかなかったのでメモしておきます。 単純化のために、この記事では create-react-app コマンドで作ったばかりの空っぽのWebアプリをFirebaseにデプロイする手順を掲…

nodejs+express+typescriptでRESTfulなAPI構築を試してみた

node.js上で動作するAPIの構築例として、express + typescriptを試してみました。helmetを利用したセキュリティの考慮とmocha, chai, sinonでのユニットテストも盛り込みました。